仁奈太のアルバイト

俺の名前は朱里 仁奈太。
今年から大学生だ。
親父は海外に赴任中で、心配症の母は一緒について行っている。
そのため今は自宅マンションに一人暮らしをしている。

7月の前期試験も終わり、来月から2か月間の夏休みに入る。
俺は自由に使えるお金が欲しくてアルバイトを探していた。

「なかなか良いバイトないな~」
大学のバイト斡旋の張り紙を眺めながらため息をつく。
すると丁度そこに事務のお姉さんが新しい求人表を貼り付けて行った。

─────────────────────────────────
【募集内容】
研究開発のアシスタントおよびモニター
─────────────────────────────────

「こ、これは・・・」
自給は悪くない。いや、むしろ良い。
勤務時間は長いが、食事付きというのが有りがたい。
さっそくアポを取って面談を受けることにした。

「場所はここのはず・・・なんだけど」

自宅からすぐ目と鼻の先にあるビルの地下1階。
入口に表札が掛かっていた。
───MAD科学研究所。

「あ、あかん。これあかんやつや。」
そのままそっとUターンして立ち去ろうとした時、不意に後ろから声を掛けられた。

「君、電話くれた仁奈太君でしょ?」
恐る恐る後ろを振り返る。
そこには白衣を着た少し年上の女性がニッコリと笑っていた。

しばらく俺の事を舐め回すように眺めると
「うん、君、採用ね!」
と話も聞かずにバイトに採用されてしまった。

「それじゃ自己紹介するね。私の名前は彼出遊子。遊子って呼んでね。」

「それじゃさっそく仕事について説明するけど、実は今度作った試作機のモニターを頼みたいの。」
そう言うと厳重に管理された研究所の奥へと案内される。
いくつもの用途の分からない装置が所狭しと並んでいる。

「これが今作ってるやつね。物質転送装置なんだけど。」
「・・・ええええっ!?」

思わず聞き返してしまった。
そんな装置が完成してたらニュースどころの騒ぎではない。

「実際に見てもらった方が早いと思うから、一回動かしてみるわね。」
直径1メートルくらいの透明な筒状の装置が二つ並んでいる。
どうやら片方が送信装置で、もう片方が受信装置の様だ。

「何がいいかなっと・・・」
そう言うと遊子はおもむろにスカートの中に手を突っ込んでパンツを脱ぎ始める。
突然の事にあっけに取られている俺に脱ぎ立てホカホカのパンツを手渡した。

「それじゃこれを転送してみるから、転送前の状態をしっかり覚えておいてね。色とか、柄とか、匂いとか・・・(*/∇\*)キャ」

「だめだ、この人。早くなんとかしないと・・・。」
ポツリと呟きながら言われるがままに装置にセットする。

「それじゃ転送装置動かすわよ!ポチッとな。」
送信装置がまぶしく光ったかと思うと、パンツが光の粒子となって空間に溶け込んで消えて行った。
そして反対側の受信装置の方では光の粒子が現れてはパンツを構成していく。

「チーン」

うちの台所で聞いたことがあるような音がしたかと思うと受信装置側のドアがプシューッと開く。
そこにはあのパンツが・・・。

恐る恐る手に取って、まじまじと見つめる。
色、柄はさっき見たパンツとまったく同じに見える。
まさかと思いながら匂いを嗅いでみたが、匂いまで全く同じだった。

「遊子さん、この装置マジもんじゃないですか!」
俺の中ですでに博士は尊敬の対象となっていた。(性格を除く)

「で、これどういう原理なんですか?教えてくださいよ!」
興奮冷めやらぬまま聞いていた。

「うんうん。よくぞ聞いてくれた・・・。
が、その前に右手に握りしめているそれを返してもらっていいかな?
どうしてもと言うならあげてもいいけど(*ノ▽ノ)イヤン」

俺は無言でそれをポケットに突っ込んだ。

結局の所、三行で説明するとこういうことらしい。
1.送信装置側で一旦素粒子状態まで完全にスキャン
2.受信装置側では情報をもとに素体を構築。例えるなら3Dプリンターで出力するような感じ。
3.仕上げにオリジナルから電子のスピン状態やら何やらを転送先に構築した素体に転移させて完成らしい。

厳密にはそのものを運ぶのではなく、同じものを別の空間で再構築するということらしい。
転送先であらかじめ素体を構築する必要があるため、素体の元が必要だとか。

「で、話は相談なんだけどさ・・・
最終的に仁奈太君にはこれのモニターやってもらいたいんだけど、いいよね?」

「つまり、俺で人体実験させろと?」
「そうそう、マウスとかでの動物実験は上手く行ったんだよ?転送後も元気にしてるし。
でもやっぱり自分で試すの怖くってさ・・・だから、オ・ネ・ガ・イ(ハート」

前屈みで胸を強調しながら、上目使いでお願いしてくる。
「実験が終わったらいろいろサービスしちゃうよ♪ いろいろと・・・。」

俺は純粋に科学の進歩のため、この身を差し出す所存である。

それから2週間程かけて何度も実験を繰り返した。今の所、成功率は100%だ。
遊子の性格には重大な欠陥があるが、研究者としての技術は確かだった。

───そして人体実験の本番当日。
俺が送信装置に入るとドアがロックされる。
緊張からドキドキが止まらない。

「それじゃ準備はいいかな?仁奈太クン」
俺はコクリと頷く。

いつもの様に遊子がボタンを操作する。
何百回と見慣れた光景だ。
俺の身体は光に包まれて粒子となり空間へと溶け出していく。

そしていつもの実験の様に受信装置側で再構築されて実験終了。遊子さんとのご褒美を残すのみ・・・のはずだった。
ただし、このときはいつもと違って受信装置のディスプレイに次のメッセージが表示されていた。

「トナーが消耗しています。交換してください。」
「転送を継続しますか?(Y/N)」

ディスプレイのメッセージを見ると、遊子はまたかという表情でトナーを引っこ抜き左右に揺すりながら呟いた。
「大丈夫、まだいけるわ。」
そう言うと遊子は何事も無かったかの様にトナーを元に戻し、決め顔でターンッとENTERキー叩いた。
まるでレーザープリンタのカートリッジの交換時期をごまかしてけちるかのように。

転送マシンの中で光の粒子状態の俺はそんな事知る由もなかった。

マシンがうなりを上げて再び動き出す。
光の粒子が収束し、再び俺という存在を再構築し始める。
手や足の感覚、そして聴覚、視覚といった感覚が徐々に戻り始める。

「遊子さん!やりましたよ!!」
まだ眩しさで視界がぼやけていたが、俺は歓喜の声を上げた。

だが、その横の受信装置の画面には新たなメッセージが表示されていた。
「トナー不足のため省エネモードで実行されました」と。

「ゆ~う~こ~さ~~~~~ん!! これは一体どういうことなんですか! 説明してください!」
俺は床に正座している遊子に向かって椅子の上から威圧的に声を掛けた。

「えっと、その、あの・・・スミマセンデシター」
「謝って済む問題じゃないじゃないですか!」
と言う様なやり取りを小一時間続けた所で、遊子がついに逆切れした。

「仁奈太クン、今の君が置かれている状況は分かっているのかな?」
と言いながら、俺の乗っている椅子にカツン、カツンとヒールの音を立てながら近づいてくる。

すぐ横まで来たときには遊子の顔ははるか上空にあり、椅子の上の俺を見下ろす形になっていた。
大きめの胸に隠れて、下からその表情がわからない。
ミニスカートの中身が視界に入るが、今はそれどころではなかった。
余りの迫力に腰が抜けて動けない。

「あ~あ、正座しすぎて足がしびれちゃったな~ちょっと椅子にでも座ろうかしら。」
遊子はくるりと後ろを向くと、その巨大な臀部を椅子の上にゆっくりと降ろしていく。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
俺はパニックになりながら悲鳴をあげていた。
上空から迫りくる巨大なお尻。視界の全てが遊子のお尻に埋め尽くされていく。
遊子はそんな事お構いなしにその大きなお尻をズシィィィィ~ンと椅子の上に落下させた。

「な~んちゃって♪テヘペロ」
そして遊子は太股と太股の隙間を覗き込んでこう言った。

「で、俺は元の身体に戻れるんですか?」
「大丈夫大丈夫、私が絶対元に戻してあげるから。ドロ船に乗ったつもりでいてね♪」
もう突っ込む気力も無かった。

身体の状態を調べるために精密検査を行ったが、身長は8.5cm、体重は150グラム程だった。
元の身体から身長が1/20、体重が1/40といったところである。
不思議な事に筋力はあまり変わっておらず、40kg程度なら普通に持ち上げることができた。
ジャンプ力もあまり変わらなかった。体重が軽くなった分、忍者の様に飛び回ることができた。
「はははっ、まるでスーパーマンだな。」

「さぁさぁ、今日の所はもう遅いからお風呂入って寝ましょう。」
「あっ、もちろんこのパターンは一緒行くやつですよね?」

「もう・・・バカッ(//∇//)」
そう言うと、すぐ真横にヒールが振り下ろされた。
「ぐえっ・・・・」

─────────

ビルの最上階のフロアー全部が遊子の所有だった。
怪しい装置開発で意外と稼いでいる遊子でる。
バイト中、家に帰れないことも多く一部屋貸してもらって寝泊りしていた。
さすがに小さくなって何かと不便だったので、遊子の部屋にお邪魔することとなった。

向こうでは遊子がシャワーを浴びている。
暫く心の中で天使と悪魔が戦っていたが、誘惑に負けて覗きに行くことにした。

スライド式のドアを静かに少し開けて忍び込むと脱衣所だ。
カゴには遊子の脱ぎ立ての下着が置いてあった。
俺はジャンプして飛び乗ると、その脱ぎたてショーツに潜りこんだ。
まだ暖かいそこは汗と女性器から分泌される臭いで充満していた。

しばらくは脱ぎたて下着を堪能していたが、興味は今日穿くパンツの方に行っていた。
「むむむ、これは色っぽいな。」
黒色の光沢のある素材でできており、伸縮性もよさそうだった。

「そうだ、ここに隠れて博士を笑かしてやろう。」
俺は着替えのショーツの中に身を隠して、博士がお風呂から上がってくるのを待っていた。

─────────

「おかしいなぁ・・・絶対に覗きに来ると思ったのにな~」

口ではそう言いつつも遊子はいつになく真剣な面持ちで考え事をしていた。
自分の失敗が原因で仁奈太君があんな事になってしまった。

必ず元に戻してあげる・・・。
そうは言ったものの、実際どうなることやら。
下手をすればこのまま一生・・・。

考えれば考える程悪い方向へ考えてしまう。
救いと言えば、彼、仁奈太がエッチでおバカで落ち込んだ様な素振りを見せない所だろうか。

「シャワー浴びたらちょっとくらいサービスしてあげないとなぁ」
そう言うといつもより念入りに身体を洗っていた。

遊子がシャワーを浴びながら真剣に考えているその隣の脱衣所で使用済みショーツに包まったり、着替えのショーツに隠れていることは遊子は思いもせずに。

バスタオルで体を拭き取ると換えのショーツを手に取った。
足を通そうとしたその時、ちょうどショーツの中に何かがあることに気づいた。
それは仰向けに転がっている仁奈太君だった。

そして目が合う二人・・・沈黙が続く。
「「・・・。」」

どれだけの時間見つめ合っていただろうか。
私は冷静に状況を分析する。
この状況の意味する所は・・・つまり・・・。
(このまま穿いていてほしいんだよね?)

しばらく沈黙のまま無言で見つめ合っていたが、均衡を破ったのは遊子だった。

遊子は無言でそのまま足を通しショーツを一気に腰まで引き上げる。
そしてパチンとゴムを離した。
伸縮性の良いショーツがぴったりと遊子の臀部を、そして秘部を包み込む。
股間にうごめく仁奈太と一緒に。

彼がこうなってしまったのは私のせいだ。
仁奈太君が元に戻れるまで、それを望むのなら私は全て受け入れてあげよう。

「ドヤァ!!」
遊子は自分のショーツに向ってキメ顔でそう言った。
光沢のあるその黒い生地が俺の身体を遊子の秘部へぴっちり押し付ける。

シャワーで火照った身体の熱気とボディーソープの香り、そして暗闇と遊子自身の匂いでその空間は満たされていた。

「仁奈太君、今日は君の好きにしていいよ。」
先ほどとは打って変わってどことなく悲しそうな彼女のその言葉を聞いて俺は悟った。
彼女なりの贖罪なのだと・・・。

「違う!そんなつもりじゃない!俺は遊子さんを責めている訳じゃないんだ!」
自分でもめずらしく声を荒げてそう言った。

すると遊子も考えを察してくれたらしい。
「ごめん・・・ごめんね。」
半分泣きながらショーツの前のゴムを引っ張って俺を覗き込む。
俺はその顔に不覚にもオッキしてしまった。

(静まれ、マイson!)
遊子にはなんとか気づかれないように隠そうとしたが、相変わらず下半身はパンツでぴっちりと押し付けられておりすぐにバレてしまった。
先ほどまでの泣き顔から一転、遊子の顔には笑顔が戻っていた。

「お風呂まだだったね。洗ってあげる。」
そう言うと、ショーツからゆっくりと取り出し俺の着ていた服を一枚ずつ器用に脱がして洗面器で体を洗ってくれた。
ちょっと恥ずかしかったが、今日の所は甘える事にした。

身体を洗ってもらい、タオルで拭いてもらっている最中に遊子が少しそわそわした感じで話しかけてきた。
「ねぇ、仁奈太君?」
「なんですか、そんなにあらたまって。」
「いい事してあげよっか?」

着替えが無かったので裸だった俺の身体を返事も聞かずに顔の前まで持ち上げる。
目の前の艶やかな唇から、大きな舌が顔を出したかと思うと俺の顔をペロリと一舐めする。
意志を持ったピンクの肉塊は徐々に首、胸、脇、腹と目的地へと向って少しずつゆっくりと進んでいく。

唾液で濡れた身体に遊子の吐息がかかる。
大きな舌は俺の下半身へたどり着くと息子からお尻の穴まで執拗に攻め立てる。

「んん・・・遊子さん」

今まで味わったことのない快感に熱いものが込み上げる。
大した抵抗もできないまま限界を迎える。
遊子は敏感にそれを感じ取ると恍惚な表情でゴクリと飲み込んだ。
あまりの気持ち良さにしばらく余韻に浸っていたが、彼女の事も気持ちよくしてあげたいとそう思えた。

俺はと遊子に寝室のベッドに横になるように言った。
遊子は少し緊張した面持ちでコクリと頷き、ベッドに横たわると山の様な胸の上へと俺を降ろしたのだった。

自分の頭ほどもある突起にキスをし、優しく愛撫を繰り返した。
遊子の身体は次第に上気し、乳首も先ほどよりも隆起している。

そして俺は意を決すると次に足元の方に向って移動を始めていた。

おへそを通り過ぎ、目的地へと到達する。
遊子は少し腰を浮かすと自らショーツを降ろしていた。

太股の間、足の付け根の前に降り立つ。
先ほどは暗闇に覆われていたのでよくわからなかったが、自分の身の丈ほどもあろうかというクレバスが目の前に待ち構えていた。

俺は両手をそのクレバスに押し当てると左右にゆっくりと開く。
そこは熱を帯び、すでに湿り気をおびてヌルヌルと輝いていた。
「綺麗だ・・・。」
思わず言葉に出してしまったが、彼女へ聞こえていたようだ。

「もう・・・ばかっ」
そう言って彼女は照れていた。

俺は遊子の一番敏感な部分に手を掛ける。
「んっ・・・」
遊子の口から押し殺したような声が漏れ、身体がピクンと揺れる。

全身を使って愛撫したり、舐め回したりとしばらくそのぷっくりと充血して膨らんだ突起と格闘する。
徐々に割れ目からトロリとした液体が溢れ出し太股へと垂れ始めていた。
待ちきれないかの様に時折ヒクヒクと蠢く。

覚悟を決めると恐る恐る遊子の膣内へと足を差し入れた。
そしてゆっくりと腰の辺りまで入り込む。
足に、腰にとそのピンクの肉壁が絡みついてきては時折締め付けてくる。

腰の辺りまで遊子の花弁へと侵入をした辺りで愛液でぬるぬると滑ってしまい、思うように進めなかった。
しばらくその場でジタバタとする格好になった。

「もう・・・仁奈太君のい、じ、わ、る」

わざと焦らしていると思ったのだろうか。
遊子はそう言うと俺の頭に指を置き、一気にグイッと押し込んだ。
ツプッ・・・。
すると大した抵抗もなくヌルッと一気に沈み込み、急に視界が暗闇に奪われる。
どうやら一気に頭の先まで遊子の中へと入り込んでしまったようだ。
俺をを飲み込むと入口はぴたりと閉じ、光は入ってこない。

ザーッという血液の流れる音だろうか、心が安らぐ。
遊子は下腹部をいとおしそうに撫でると呟いた。
「私・・・いつからか君の事を好きになってたみたい。」

遊子の中に居る俺には聞こえてはいなかった。

俺を飲み込んだピンクの肉壁がギュッギュっと身体を締め付ける。
応える様に壁を押し返す。

私の中に彼がいる。
私を喜ばせようと奮闘してくれている。
仁奈太君が刺激するたびにまるで電流が流れたかの様に快感が突き抜ける。

しばらくそれを繰り返していたが、徐々に締め付ける頻度が高くなって来ると遊子の指が俺の居る空間へと割って入って来た。
入って来たかと思うと俺の身体を更に遊子のもっと深い所へ、最深部へとグイグイと強く押し込む。

「んんん、仁奈太君、きてっぇぇぇぇ」
一番長く、強くぎゅ~っと締め付けたかと思うと遊子の身体がビクンと大きく仰け反り、そして果てたのだった。

────── 後日
遊子は転送装置を改造すると仁奈太を元に戻す事にあっさりと成功。
さすがに天才である。
俺はめでたく元のサイズに戻ると遊子に告白し、付き合うことになった。

そしていけない遊びに目覚めてしまった遊子はというと物質サイズ変換機なるものを開発したのだった。
夜な夜な仁奈太を小さくしては実験と称して色々と楽しんでいるのであった。

「ねぇ、仁奈太君♪ こっちの穴興味ない?ちょっと冒険してみようよ?」
「いや、そこはそういう事するところじゃねーから!」

「も~、仁奈太君には未知への探求心というものがないの?」
そう言うと遊子はまた小さくなった俺を掴みローションを塗りたくると
後ろの穴にあてがい無理やり押し込むのであった。

…END

2+